Blowy Journey

ほぼ『未eighter的徒然草』時代の記事(笑)
47ツアー日記等はこちらで検索して下さった方が早いです(爆)
お知らせ。
0
    ホンマのホンマにお知らせ。
    うーんと、精神的にも体力的にも、疲れることが多かったのです。
    いろんなことを含め。
    なので、レスやらなんやらが遅れますが、ご容赦くださいませ。
    …頑張って生きてるつもりなのに、なんでこんなに辛いんだろ。
    | nakaharabjsab | お知らせ | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
    『ムーブ!』レポ(2008年3月24日放送分)
    0
      今朝、あんな記事書いておいてなんですが(笑)
      『ムーブ!』のレポ、お約束していたのでやってしまいますねー。
      昨日のレポに比べれば、相当簡単にできるはず!と、なにやら自信満々ですが(笑)

      『ムーブ!』(2008年3月24日放送分)
      ※ 『イケメン塾』のコーナー 横山・安田・丸山のVTR出演。


      【VTR開始】
      ∞:イケメン塾をご覧のみなさん、関ジャニ∞です!
      丸山:パーン!
      (それを見たヨコは「何してんねん?」ってなカンジの顔で見てました/笑)
      ナレーション:はい、パーン!ということで、去年は全国47都道府県を回り大忙しだった関ジャニ∞です。その記念すべき8枚目のシングルはというと…
      (この場面では歴代のPVが流れてるんですが、オバロク以降でした)
      (『ワッハッハー』のPVが流れる。サビ部分)
      ナレーション:そう、『ワッハッハー』ということなんですね。聞けば誰もが笑顔になるこの曲を引っさげ、故郷大阪に帰ってきました。それでは加藤さん、宜しくお願いします。
      (この場面ではラジオのスタジオかな?に入ってきた3人の様子が流れます。ヨコはチェックのシャツの上に、袖部分が黒、ベースが白の長袖Tシャツ+黒パンツ、黒靴。ヤスは半袖Tシャツの上にダイズ柄のベスト?みたいなのを来て、下は黄色のパンツ、ロールアップしてます。赤スニーカー。マルちゃんは白のTシャツに、水色のジャージ?みたいな上着。こげ茶パンツ。茶靴。)
      (並びが、
      マル ヤス ヨコ  
                      インタビューアー
      ってカンジ)
      加藤(インタビューアー):ムーブ!イケじゅ…←カむ。
      (その様子に過剰に反応するのはヨコ(笑)「あっ!!」って顔をして、更に立ち上がります/笑)
      加藤:ムーブ!
      横山:(すかさず)ダメです!
      加藤:(笑)
      安田:もうそのままいきましょ!
      横山:もっかいいかなきゃダメです!
      丸山:ムーブ!イケじゅ←マネ。
      (場面変わって)
      横山:曲選びから今回参加させて頂いたんで
      加藤:曲選び
      横山:一応(PVの)設定なんかもあって、僕らが、あのぉお風呂場を、なんかいつも行ってて、それを掃除しに行ってる、みたいな。←説明下手(笑)
      丸山:それぞれやってること違いますからね。個性も出てて。
      加藤:入浴シーンもありましたけどね。
      丸山:はい
      横山:急遽、(お風呂に)入ったんですよ。お風呂もあんまりあらってない状態やったんで、ほんで入ったら(お湯が)ドロドロなカンジやったんですけど…←いやそう(笑)
      丸山:なんか全部…
      加藤:そんな横山さんなんですけど(←マルちゃん遮られたのか?)最近ですね、どうやら色っぽいっていうウワサがあるんですけど。
      (証拠写真、といして、関風、イッツマイソウル、ワッハッハーのPVから1画像ずつ抜き取られています。イッツマイソウルの時、すんごい痩せてるー!でも今くらいの方が良いと思いますよ、ヨコちゃん。)
      横山:そんなウワサあるわけ…!(笑)
      安田:でも確かに、「いいのに??♪」のところで、今回のPVでウインクをしてるんですよ。
      丸山:ドラマとかやりだしてから変わったんですよ
      横山:(笑)そ、そんな、オマエな
      丸山:俺らできへん、こんなん(わざとヘコくやるウインク/笑)両目つぶってまうもんなぁ
      安田:ウインクできへんよなぁ、できますウインク?(と、ヨコの方を向く)ウインク、ちょっと1回やって!カメラに向かってウインク…
      横山:お前らそういう…
      マルヤス:(笑)
      横山:(ヤスが差し出した手を叩いて)オマエやめろって!
      丸山:(笑)やってよウインク
      (↑そんなマルちゃんにヨコは頭を叩こうとしています(笑)マルちゃん爆笑です)
      (場面変わって)
      加藤:あのぉ、新曲『ワッハッハー』ということでね
      (この『ワッハッハー』のイントネーションがおかしかったの。ワッ(→)ハッ(↑)ハー(↓)ってカンジで真ん中のハの部分が高くて最後の伸ばすところは下がってる、そんなカンジです)
      横山:…今まででイチバン『ワッハッハー』の発音悪かった
      マルヤス:(笑)
      丸山:『ワッハッハー』←またマネ。
      安田:それが一番おもろいわ
      横山:完璧な愛想笑いやろ!
      加藤:仕切りなおして
      横山:仕切りなおさんでええです!
      (これにのっかって、3人で加藤さんにツッコミ/笑)
      安田:仕切りなおさなくていいですよ(笑)
      丸山:なんで仕切りたがるんですか、そこは!
      (場面変わって)
      加藤:僕が笑えば君が笑うから、関ジャニ∞に聞きましたー!
      丸山:ワッハッハー!←テンション高い。
      横山:聞きましたー!!←コイツもテンション高い。
      (ヤスはちなみに笑いながら拍手していました)
      加藤:(女の子が)笑顔になる、ワッハッハー台詞を教えてください
      横山:下(ネタ)でもいいんですか?←なんちゅー質問。
      安田:(笑)
      横山:いきなりですけども
      加藤:えっ、それはもう…お任せします。
      (カット場面あって)
      安田:(フリップをめくる。そこには『なぁ、見て!鼻水出た。』の文字。あとこのフリップ特製で、左下にPVから抜粋したそれぞれの顔写真がついてるんですが、ヤスは最後のハチさんのヤツでめちゃ可愛くニッコリ笑ってるところのヤツなの!)鼻水出た!ってやってたんですよ、1回。あの、これね、なんかね…
      (と、ここでヨコがマジックで、ヤスの頬に1本の線を引くんですが…)
      安田:マイクつけたらあかんやろ!
      丸山:えー、マジで!
      横山:マジックや←相当小声でツッコミ。
      丸山:(笑)
      (で、今度は、ヨコがまたマジックでヤスの頬に落書き。ヤスの頬には×の文字がマジックで描かれていることに…)
      安田:こらぁ!
      横山:(笑)
      安田:マジック!!言えた言えた(笑)
      (カット場面あり)
      丸山:(フリップめくる。『パァーン!』の文字)パーン!
      安田:(笑)
      丸山:ファンの方々との、あの合言葉なんですけども
      加藤:はい
      丸山:みんなで「パーン!」としたら(ここでPVの画像が流れて、『※PVでも披露しています』の文字も一緒に)元気になる、っていうおまじないなんです。
      加藤:ほぉー
      (カット場面あり)
      横山:老若男女?
      加藤:うん
      横山:とりあえずコレ通じるな、っていう…(フリップをめくる。『う○ち』の文字)うんち
      安田:いうてもうてるやん!○の意味ないやんか!
      横山:やっぱ笑ってまいますもん。おいっ、て。
      加藤:(女の子が)思わずクラっとしてしまう、甘い台詞
      安田:こちらです(フリップめくる。『ちょっと止まって!目つぶって。……口に米つぶついてたで。』の文字)はい。食事一緒に食べてるんですよ、ご飯。「あれ、ちょっと待って……1回目つぶってくれる?」…口元をぱって触って、「米つぶついてんで」っつって、パクって食べよるんですよね
      加藤:イヤーっ!←喜々としてる(笑)
      横山:…ギュってしていい?
      安田:(笑)
      (カット場面あり)
      丸山:(フリップをめくる。『パァーン☆』の文字)これしかないっすねぇ、やっぱり
      安田:(笑)
      横山:完璧な失笑でしたね
      (カット場面あり)
      横山:これは一番クラっとくるというのを聞いたことあるんですけども(フリップをめくる。『ミゾに思いきりパンチかアゴにアッパー』の文字)ミゾに思っきりパンチするか、アゴにアッパー、パーン!ってするのが、一番くらっとくる
      安田:(笑)
      横山:武蔵さんが言ってたんですよ。
      安田:(笑)クラっと違いでいった
      丸山:それはクラっとくると思うわ
      横山:クラっとくるでしょ?
      (場面変わって)
      安田:(CDの宣伝は、ジャンケンに)勝った人にしよ、勝った人。勝った人にしょー。
      丸山:勝った人がする
      安田:勝った人が、やっぱやりたいやん?
      丸山:勝った人が映れるってことやん
      (で、ジャンケン。1回目 マル→パー ヨコヤス→グー ということで、マルちゃん勝ち)
      丸山:あーっ!あー、俺、もーっ!!
      安田:(笑)
      丸山:ホンマ、やってもーたー!…プレッシャーに弱いからさぁ
      (確かにこの3人だと、マルちゃんが、ってのは珍しいかもね)
      丸山:『ワッハッハー』ということで、一緒に「ワッハッハー」と盛り上がっていきましょう!よろしくね!パーン!!
      (と、このあとヤスが一瞬なんか言おうとするんですけど、微妙な間があいてしまいます…)
      丸山:なんやこの空気!
      ヨコヤス:(笑)
      加藤:カンペキ!カンペキ!!
      丸山:もたんわー!←崩れ落ちてます。
      安田:ありがとーございましたー!


      【VTR終了】
      スタジオでは「不思議なグループですね」と言われていました(笑)


      ツッコミいれてたら、意外と時間がかかった(笑)
      今からご飯しまーす。
      最近遅い時間に食べてることが多いので、あんまり18時半とか19時にご飯食べなくなってる…いいんだか悪いんだか…体重にはあんまり還元されないのでなんともいえないんですが。
      ご飯食べながら、花屋さんの最終回みよー。


      画像
      | nakaharabjsab | TV番組 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
      レポ連続作成で思うこと。
      0
        おはよーございまーす。
        昨日、散々パソコンに向かって文字を打ったんですが、今日もまた朝からパソコンに向かって文字を打っている、なかはらです(笑)
        あー、すんごいアホみたいだ、私(笑)

        で、タイトルのお話なんですが。
        さっき振り返ったら、この1週間で5本のテレビ番組のレポをアップしてることに気付いたんですが(爆)
        「アホか、私」
        と冷静になると、思ったりも(爆)
        いやね、今週は会議が4本もあって(しかも休日出勤+残業で)、実家におばあちゃんに会いに行ったりだとか、18時間勤務が2回とか、普通ならとてつもないカンジのスケジュールなのに、普通にアップしてるよーとか思うとアホっぽいなぁと思うわけです。
        そもそも。
        SMAPの方のブログとかでは、レポってライブレポしかしたことがない、なかはら。
        何故、こんなにテレビ番組とかのレポをしだしたんだろう……と、ふと思って気付く。
        『あーっ!関ジャニ∞がローカルに出過ぎるからだ!』と(笑)
        なかはらがSMAP関連でブログをやるようになってからは、SMAPさんのローカルってこっちではないのでね←たまに関東圏でしか見れないものとかがある…代表的なものだとNTT東日本さんとかね……
        ホンマにね、関ジャニ∞。
        関西だけに限らずローカルに出すぎですよ(笑)
        先程もらったメールの中に「こっちでは『BREAK POINT』だけ」っていう文章があったんですけど、なかはらは見れないのよー、みたいな(笑)
        そんな、「同じ日本に住んでるのに、見れる内容にばらつきが多すぎるのは何故だ?」状態だから、5本(まぁ、めざましテレビはローカルでもなんでもないんですけど)のアップになったんだろうなぁ、と。

        でも、これ。
        なかはらが見れる番組がもっと多かったら(例えば関西では見れないローカルが見れたりしたら)もっとレポの数が多くなってるだろうなぁ、とは思います。
        って、こう書いたら、最初の「アホか!」とは繋がらないと思うんですが。
        そう、アホなんだけど、なんとなくやめれそうもないし、作っていきそうなんですよねー。
        いや、なんとなく、ってのは違うな。
        たぶん、「レポ読みましたよー。おもしろかったです」って、そのひとことが単純に嬉しいだけなんだと思います。
        …見ず知らずの人に「ありがとう」って言われたいとか、そういう感じでもなくはない、欲深い面もあったりしますけど(爆)←レポを書くことで、いろんな人と関わりをもてたらなぁ、っていうカンジなんですけどね。
        「そうそう、おもしろかったんだよねー」と同じ時間を共有できることの喜びというか。
        映像を持ち出すことには憚れるんですけど(←いろんな意味でね)自分にできること、そしてコミュニケーションツールとして使えそうなもの、ってことになると、この怒涛のレポになるのかもしれません。
        中には、「感想だけでもいい」とか仰って下さる方もいらっしゃるんですけどね。
        なかはらに魅力はなくとも、関ジャニ∞に魅力はありますから(笑)
        関ジャニ∞の姿を、できるだけ忠実に書くことで、それを見たい人はいっぱいいると思いますしね。
        そういう意味でもレポは続けていくんだろうな、と思います。

        最近ね、目に見えてわかる、ってほどではないんですけど、たぶんブログのトップページをブックマークしてくれる人が増えたのかな?とか思うときがあります。
        ってのも、記事自体のアクセス数はそんなでもないんですけど、毎日のアクセスログを見ていると、初めのころとくらべてケタすら違うんですよ(笑)
        あとTOPカウンタの回る率とかね、見てると、ブックマークの人が増えてるのかなぁって。
        きっと期待されているものは、レポ関連だと思いますし、それに応えることもできそうですし。
        レポを気に入って、ちょこっとだけなかはらのことも気に入っていただけたときに、ブックマークをしてもらえるのかなぁとも思いますが、ちょいちょい絡んでやってくださいませ(笑)
        …いや、妙に寂しいときがあるのよ。
        わかっちゃぁいることなんで、「まーた自分」とか思っちゃうんですけどね(爆)
        …きっとこれは発信している側のワガママなんだろうなぁ、といつも思います。
        それがイヤなら、やめちゃえばいいのにね。



        さてさて。
        拍手が新しくなったのでちょこっともらったー(笑)
        ので、レスしておきますね。

        画像
        3月22日 0時代の方
        きっと、3月23日の23時代にも送ってくださった方と同一人物だとは思うのですが(笑)
        届いておりますよー。
        そうなんですよね、ミニマム∞みたいでジュニアはかわいいなぁ、って思ってみてたんですが(確かに手は邪魔/爆)
        人間ってのは、本当にいろんな見方をして、感じ方をするもんなんだなぁ、と改めて思いました。
        ってか、それだとレポに入ってる主観、ってのがちょこっと気になるんですけどね(爆)
        またいらしてくださいねー。
        3月23日 21時代の方
        こちらこそ、長文レポ読んでくださってありがとうございました。
        おもしろいのは、∞がおもしろいからですよー(笑)
        またいらして下さいね。
        3月23日 世那さん
        レポの神様は大げさです(笑)
        でも、なかはらも↑に書いたように、見れない番組はいっぱいあるので(苦笑)
        結局のところ、もちつもたれつなのかなぁと思います。
        3月24日 あっこさん
        うん、なんだか久しぶりだ。
        お元気でしたか?
        関西ローカルでは、烏川さんやあきえ姉さんの話が、ヤスのいないところでも、ヤス絡みでお話されることもあって(笑)何故か妙な親近感をおぼえていますが(笑)
        でも、「章大」って普通に呼ばれてるんだなぁ、と思って笑えました(笑)
        烏川さんがヤスより大分年上で(烏川さんはSMAP中居さんたちと同い年)ホントに可愛がられてるんだろうな、って想像つきましたよ、今回(笑)


        画像
        | nakaharabjsab | ひとりごと | 09:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
        『マルコポロリ』レポ(2008年3月23日放送分)
        0
          よし、休憩終わり!
          やろう、と思ってる間にやりきることにしました!(笑)
          こっちの方が短いから、気分的には早く終わるはずなので(笑)


          『マルコポロリ』(2008年3月23日放送分)
          ※ 横山・安田VTR出演

          【ポロリ!バス】←コーナー名。仕事で忙しいタレントを、次の仕事場まで送る。そのバスの中でインタビューする、というコーナー

          月亭八光:吉本の芸人で僕だけじゃないっすかねぇ、ジャニーズと結構つうつうでいってんのは。まぁ、実質…職業は落語家でありながら、僕はま落語家と別に『人脈』という職業を、新たに今、開発していますんで。
          (で、少しカットされた様子)
          八光:親友がいてますんで(と、下半分くらい透明なガラスドアの中から室内を見る八光。会議室みたいなところに、ヨコヤスがいる様子)あ、いてますよ、ほら(と、ドアをノックする。ヨコがカメラ(八光)の方を向いており、苦笑いしています。ほら、ほらほら、あ、普通なら断られ…おいっす!(と、元気よく入っていく八光)いやぁー
          横山:うるさすぎです。
          八光:(笑)えぇ、何が?
          横山:めちゃめちゃうるさいです。
          安田:声うるさかったー
          横山:あのね、気になってしゃあないです。
          八光:気になった?いや、今日はね、関テレで仕事してるいうのを聞いて、でね、あの『マルコポロリ』という番組なんすけどね
          横山:はい
          八光:『ポロリバス』というのをやってるんです。
          横山:知ってます、知ってますよ
          安田:はい
          八光:あぁ!知ってる?!
          横山:知ってますよ
          (ヨコの背後で頷くヤス)
          八光:だから、あのもうイエスもノーもないですから、とりあえずバスのりましょ!行きましょ!ただその代わりPRしてもらいますんで!
          横山:ま、それ込みですよ!
          安田:あっ、それはPRさせてくださいね!
          八光:歌出して、ツアーの話とかもあのぉ、するから。行こ!
          横山:マジっすか?
          八光:うん
          ナレーション:と、強引な説得の元バスに向かう
          (と、場面変わってエレベーター前。エレベーターがくるのを待っている様子。並び方が
          ヤス 八光 ヨコ 
          となっている。)
          八光:実際ね、あのぉ、仕事すんのはじめて(と、ヨコを見る)
          横山:そうですね
          安田:そうですよね
          (と、ここで位置移動。ヨコの傍に寄り添うようにして、八光とヨコの間に入ります)
          横山:プライベートで旅行とかしてるから
          安田:ねぇ
          八光:旅行一緒に…あ、位置盗んでくれた今?
          ヤス:(笑)(ヤス、思いっきり頷いています)
          横山:うまいっしょ
          八光:ぬけへんなぁ、流石やなぁ
          横山:そうでしょ
          (と、場面変わって関テレの正面玄関)
          八光:ちょっと大きめな、こちらのバスですね
          安田:でっか(笑)
          横山:デカ!
          (二人の目の前には観光バスの大型バージョン?ひょっとして2階建てじゃございません?)
          八光:えーっ、関ジャニがバスに乗り込みます!
          安田:声でかいんですよ、声が!
          八光:僕の友達の関ジャニがバスに乗り込みまーす!どーぞ
          安田:(笑)うるさいよ(笑)
          ナレーション:今回もPRカードが出るまで、引いたカードの質問には全て答えてもらいます。
          (カードは全部で6枚
          ・ジャニーズに入って良かった事
          ・女性の好きな仕草
          ・今までで一番辛かった仕事
          ・芸能界マル秘交遊録
          ・ジャニーズおもしろエピソードマル秘話
          ・PR(『ワッハッハー』のジャケット写真入り
          の6種類)
          (場面はバスの中。並びが
          ヨコ ヤス 八光)
          横山:簡単に言えば、PR出るまで、ってことでしょ?
          八光:そうそうそう。
          横山:ということは、1枚目にPRでたらもう終わりですよね?
          八光:もうガチで終わり!
          安田:あ、もう終われるんですか、そしたら
          横山:ほんまっすね、今ガチていいましたね
          八光:(大きく頷いて)ガチで終わり。一発で引いたら
          安田:出てもうたらどうします?ホンマに終わります?まぁガチで終わるか、もしくは俺も含めスタッフ全員で土下座してもう1回お願い…
          ヨコヤス:(笑)
          (場面変わって)
          横山:せーの(と、1枚目のカードをめくる)
          八光:よしきた!
          安田:あ、あかんわ。一発じゃなかった…
          八光:おっと…『女性の好きな仕草
          横山:じゃ、ヤスくんは?
          安田:僕、好きな仕草。こうやって髪の毛、ゴムをここに加えて(と、髪ゴムを口にくわえる仕草)んで、こうくくる時のこの下向きの角度が大好きですよね。
          (画面には『髪を後ろでしばる仕草が好き』の文字)
          八光:おん、うん。
          安田:こういってるとき(と、髪を纏める仕草)
          横山・八光:うん
          安田:でちょっと、「ちょ、なぁなぁ」って呼んだときに「ん?」ってこう向いたときのこの目線(上目遣い)俺、やられたい!
          横山:ものっそい(物凄い)親密な関係じゃない?その状況がないわけ…←何を想像したんだか(笑)普通にあると思いますが。
          安田:そんな親密じゃなくても、仲のいい友達でもいけるんですよ
          八光:あ、そうか。
          安田:何人も一緒にメシ行ってる時でもいけるんですよ、だから。単純にいうと。こっちが勝手に見てるだけ
          八光:なるほどね。
          安田:(笑)
          八光:ちょっと微妙に、こうね。
          安田:そうです、そうです(笑)
          八光:横山くんは?
          横山:僕は……脇フェチなんですよ。
          安田:(笑)言うてく?ヨコちょ…(笑)
          八光:アイドルやからそんなん言わんでエエで?ホンマの話
          安田:ヨコちょ、言うてまう?言うてまうんか?(笑)
          横山:あの、僕、これはホンマに脇フェチなんですけど、あのぉ雑誌用では『鎖骨』って言ってるんです。
          安田・八光:(笑)
          八光:言うてええの?これテレビやで?
          (画面には『雑誌用は"鎖骨??ホンマは"脇??フェチ』の文字)
          安田:『マルコポロリ』やから言うんちゃいます?
          八光:ええの?
          横山:大丈夫です
          八光:それ、脇がどうなってたらエエの?
          横山:もうつるっつるの
          安田:(笑)
          八光:うん!
          横山:もう、あのぉ何ていうんですかね、あのこうやって(と、脇を見せるカンジです、電車のつり革持つカンジの手をそのまま背伸びするみたいに後ろに引く、ってカンジ)やられたらもうたまらないです。
          安田:(笑)
          八光:(笑)ちょ、なっかなかないで、女の人でこうやる状況
          横山:だから、あの「この問題分かる人」とかいう、あぁいう時にあがる、このTシャツがちょっとかかってる、若干半分くらいがたまらないんですよ
          安田・八光:あーっ!!
          安田:わかるな、でも
          八光:あぁ、そう。だから、クイズ番組とか言うたら、もう違う目線で見てんねや。
          横山:もう僕、脇しか見てないですもん!
          安田・八光:(笑)
          横山:正直。
          八光:ま、一応、まぁその話はありがたいんですけど、ちょっとテレビ用に鎖骨の話もしてもらっていい?
          (ヨコ、笑ってます)
          横山:鎖骨は、なんか見えたら、見える女性ってやっぱスタイルいい女性になってくるじゃないですか。
          八光:あ、そうか
          安田:あぁ、そうなぁ
          八光:細身がほんなら好きってこと?
          横山:細身が好きですね
          八光:あー
          横山:でもホンマは脇が好きですよ!
          安田:(笑)
          八光:言わんでええ、言わんでええから、いちいち!
          横山:ごめんなさい、ホンマもう…
          八光:テレビやからいちいちいわんでいいです。
          横山:これ、ごめんなさい。僕は脇が好きなんです!
          八光:(笑)
          (場面変わって)
          横山:ちょ、オマエ、こっち引いてくれへん?
          (と、ある1枚のカードを指差します)
          安田:これ大丈夫店…気になりますよね
          横山:うん。俺気になんねん、もう
          安田:PRやったらどうする?これ…せーの!ほらPR!!
          八光:うわーっ!!
          安田:ほら、PRや!
          横山:ほら、やっぱこっちやったやろ!(←どうやら1枚目でヨコとヤスは2枚にしぼってた様子。で、さっきの質問とPRカードがそれだったみたいです)
          安田:PRやん、これもうPR!ほら!
          八光:スマン!なかったことにしてくれ!
          (早速土下座)
          横山:(笑)でた!
          安田:はやっ!(笑)
          八光:しかも見て!俺土下座の俺のスペースみて、これ。
          安田:せまっ!
          八光:土下座、狭すぎて下までつけへんかった…
          (場面変わって)
          八光:ちょっと待って。もういっぺん(カードを)混ぜさせて、ほんなら。
          (画面には『何卒もう一度お願いします』の文字)
          八光:混ぜて、ちょっと待って、こうしよ、こうして次引いたら、流石にもう、これはもうよっぽどやわ
          (と、その混ぜたカードを並べ終わったその脇で、ヨコとヤスは顔を寄せ合ってなにやらにやけ顔)
          横山:これや思うわ、俺。
          安田:俺も、これや思うで(笑)
          (と、1枚のカードを指差す二人)
          安田:ねぇ、せーの!
          (と、でたカードはまたもやPRカード。画面には『なんで?』の文字。スタジオ出演者からも「すごーい!」の声)
          八光:(すかさず土下座して)もう1回チャンスをくれ!
          ヨコヤス:(笑)
          (場面変わって)
          ナレーション:泣きの1回でもう1度
          (ヤスがカードをめくる)
          八光:おーっ、きたー!よっしゃぁ
          安田:これ気になる…(と、他のカードを指差し)
          (場面がカットされています)
          八光:実際ジャニーズの中で誰と仲がいいんですか?
          横山:僕は、あ、生田斗真とか
          八光:おぉ、生田くん、ポロリバスで(たぶん取材したってことがいいたいんだと思います)
          横山:あと、誰やろ?まぁ、嵐の相葉とかも、まぁ仲いいっすねぇ。
          八光:おー
          横山:あ、じゃぁ、ヤスは?
          (と、ヤスの方を叩くヨコ)
          安田:あの、この前たまたま村上くんに無理矢理拉致られて、あの二宮くんと3人でカラオケいったぐらいですね。
          八光:何歌うの?そのメンバーやったら?
          安田:すごかったっすよ。嵐の曲を3人で歌とたんです
          八光:うわっ!すげえ!
          横山:へー
          安田:3人で。(目がキラキラしてます/笑)歌いましたよ
          八光:え、みんな自分の曲って歌うもんなん?あれ?
          安田:いや、「歌ってくださいよ」っていうたら、「全然いいよいいよ」って
          横山:へー
          八光:あぁ、そうなんや
          安田:二宮くんが、桜井翔くんのラップ歌ってました。
          八光:えーっ
          安田:そんなレアなモノないです
          八光:いや、ほんならみんなでそんなん行ったときは、誰が出すの?お金とかは
          安田:いや、そん時はやっぱね、村上くんとね、二宮くんがね、オゴってくれました
          八光:あ、二人で出して…
          横山:二人で、二人でわってたん?
          安田:そう、二人で割ってた
          横山:へぇー(←ニノにご飯代を散々払ってもらってる人/笑)
          八光:あぁ、そっか。え、ジャニーズって芸歴?年?どっちで、上は?
          横山:いや、もう年、じゃないっすか?
          安田:年ですね
          横山:実際。
          八光:ほんなら、年の上のモンが驕るカンジ?
          安田:いやぁ…
          横山:いや、僕もそれもね、間違ってると思ってるんですよ。こう関ジャニでもこうやっぱり年もちがうわけです
          (画面には『横山裕 26歳 安田章大 23歳』の文字)
          安田:そうですね
          横山:でも大体稼いでるお金は一緒なわけですよ。一緒のグループですから
          八光:そりゃそやわ。
          安田:そうなんです
          横山:そうでしょ?
          八光:はじめてやで!これ、ジャニーズの口から稼いでるお金の話。こんなお金の話せえへんで普通
          横山:大体…わからないですよ、僕、ヤスの明細…
          安田:見ないっすから、お互い見ないですから
          横山:大体一緒なわけですよ
          八光:そりゃそやんな
          横山:ほんでなんで俺が出さなアカンねん!
          安田:ずっというてる(笑)
          八光:(笑)実際そやんな。ほぼ一緒やもんな
          横山:でもやっぱね、(食事に)行った時に「出せや」みたいな顔で
          安田:(笑)
          横山:いるんすよ、やっぱ。下と、年下といったら
          八光:一番おごってくれる(ジャニーズの)先輩とかっていてます?
          横山:でもみんなおごってくれますね。やっぱ言うたら、井ノ原くんもおごってもらったことあるし
          安田:あぁ、そうやね
          横山:あと、松岡くんがやっぱ気前がいいですわ!
          八光:へー
          横山:昔、たぶん松岡くん覚えてない思うんすけど、メシい…僕がホンマ全然関ジャニとかなる前で、誰かもわかってないと思うんですよ、松岡くん。んで、メシ行った時に、メシ代はとにかく払ってくれるじゃないですか。んで10時ぐらいっすよ。電車もまだあるのに、「オマエちょっとこれで帰れ」つってタクシー代をみんなに配ってましたからね
          安田:すっげー!
          八光:…すげぇ。
          安田:かっこい!
          横山:すごいでしょ。
          八光:えー。TOKIOってほなかなり儲かってんねやな、それ
          横山:TOKIOは儲かってんのんちゃいます?
          八光:TOKIO儲かってんの。お互い全然知らんの?それは…
          横山:知らないですよ
          安田:レギュラーいっぱいあるじゃないですか、TOKIOさん。すごいっすよ
          横山:TOKIOですよ!東京ですもん!僕ら、関ジャニですからね!
          安田:(笑)
          横山:それだけでやっぱ、関西は単価が悪いといわれてるんでしょ
          八光:あぁ。根本ちゃうもんな
          横山:やっぱ関ジャニですもん
          八光:(笑)なんでそうやって自分を下にすんのん?
          横山:あのね、そっちの方がやりやすいんです
          安田:そうなんです
          横山:(笑)
          安田:らく、楽なんです。
          (場面変わって)
          横山:じゃぁ、これ行きますよ。
          八光:あ、『芸能界マル秘交遊録』
          ナレーション:ここで関ジャニ∞横山くん、安田くんの意外な交遊録が発覚
          八光:はい
          (と、ここでヤスが渡されていたであろうフリップをひっくり返します。フリップに書かれているのは『飲み友達 新喜劇烏川さん、あきえねえさん   メル友 Aqua Timez 太志くん』の文字)
          安田:吉本新喜劇の烏川さん
          八光:どえ?!なんでそんなとこよ?
          安田:そして、あきえねえさん
          八光:なんでやのん
          横山:ちょ、ちょっと待ってください。これ見たリアクションが「どえ?」ですか
          八光:(笑)
          横山:なんすか、それ
          安田:もう、ホンマに大阪、仕事で東京行ってるときがあるんですけど、帰ってきた時には大体一緒にご飯食べますね。
          八光:いや確かに、俺もたまに烏川さんから電話かかってきて、「今章大と一緒やけど」とかって、ものすごい兄弟のようなカンジで接してんのんきいてるけど
          安田:(笑)もう、烏川さん、家に行ってまでして、もう鍋パーティーをしたりだとか、囲炉裏があるんですよ烏川さん家に、囲炉裏の上であげを焼いたりとか、ご飯をいつも出してくれはるんで、●●(すみません、ききとれません)とか作ってくれますからね、あの人
          八光:すごいな!
          安田:なんでも作ってくれるんですよ
          八光:えーっ、そういう関係?
          安田:で、そこにあきえねえさんも混ざってまして
          (場面カット部分があって)
          横山:これ、僕もすごいっすよ、もうこの方やなって
          安田:だけ、ですか?
          横山:もう(とフリップをひっくりかえす。文字は『友達 八光さん』のみ)八光さんだけしか…
          八光:えーっ、俺だけ?友達?
          横山:もう、出てこなかったです
          八光:(笑)
          横山:俺、一番ひどいな、と思ったんが、八光さんとご飯いったときに、あのぉ奥さんと子供さん連れて、僕と行ったんですよ、もう八光さんの家族で。ご飯食ってたら、いきなり途中で先輩から電話かかってきたんでしょうね。「わかった、行きますわ」ってそのままいったんですよ
          安田:えーっ!
          横山:ホンマやで、この話!それでやで、俺八光さんの奥さんと、子供さんとご飯食べてやで、ほんでまた(奥さんの)お腹に子供さんおったから、ずっと八光さんの子供さんを、俺がずーっと抱っこして。
          安田:(笑)サイテーや!最低ですよ!
          八光:そこの店のお金も払っていただきまして(笑)
          安田:(笑)サイテーや!
          (CMはさむ)
          横山:(カードをめくる)
          安田:ほら出た、ほら!
          (場面カット)
          安田:あの、3月の12日に僕ら、あのニューシングル。8枚目のニューシングル発売になりまして、『ワッハッハー』でございますけどもね。通常盤と限定盤となっておりまして、限定盤の方にはですね、12ページのブックレットがついてまして、そしてこっちにこういう風にCDジャケット、CDがかわいくなってるという。そしてこっちの通常盤の方にはですね、曲がもう1曲多く入ってるという、ことになっていまして。『BJ』というのが入ってますので。凄くお得になってますので、2枚とも買うて下さい(笑)お願いしたいです
          横山:もうぜひともね
          安田:はい、全然。はいそうなんですよ
          八光:でこれ、PVでなんかいろいろやったりするんでしょ?
          安田:PVね、あのー…
          横山:なんでなんですか、その質問。「PVでいろいろやったりするんでしょ?」って
          八光:ちゃ、今前からな(カンペで)「PVが」って出てんけど、PVの意味がわからんからね。PVってなに?
          ヨコヤス:プロモーションビデオ
          安田:それぐらいわかってくださいよ(笑)
          八光:プロモーションビデオで…
          横山:何、その質問。やにりくいわ!「PVでいろいろやるんでしょ」って
          八光:なに?プロモーションビデオで…なんかあったんでしょ?
          横山:(笑)今回僕らの意見もださせてもらって、あのお風呂とか、あのお風呂シーンとかもあったりして(実際に入浴シーンが流れています)あの、明るいカンジになってますから
          安田:そうですね
          横山:目で見て、曲で聞いて、楽しんでいただけたら、これ嬉しいなと。
          八光:どうせ半ケツとか出してんねやろ?
          横山:出してない!
          安田:出してませんよ!(笑)出してない!
          横山:どうせ、の意味がわからへん
          八光:(笑)
          (場面変わって、バスを降りてくる3人。新大阪の駅前。本屋の前のエスカレーターのところ。分かる人にはわかる説明/笑)
          八光:いやぁ、長いことありがとうございました。
          横山:いやいや、楽しかったですわ。
          八光:また連絡頂戴。おれ、今月開いてるから、ずっと。
          安田:ほな、行って来ます!
          八光:ありがとう!
          横山:ほんなら!
          八光:ありがとう!関ジャニが帰ります、皆様。えー、僕の友達の関ジャニが帰りますんで、皆様!また!
          横山:うるさい!
          安田:しーっ!
          八光:CD発売されます。宜しくお願いします!

          (VTR終わり。ちなみにこれ、私服なのかな?そのまま駅にあがるエスカレーターにのってたので。ヨコは赤Tシャツ?の上に黒と白のチェックのパーカー、ブラックジーンズ、黒スニーカー。茶色の皮?斜め掛けにもできそうなタイプのカバン。ヤスはグレーTシャツ?トレーナー?に目の覚めるような水色のジャンバー。同系色のスニーカー。パンツは膝丈紫。カバンが女の子がもってるみたな、黒の大きめのカバンでした)

          ※スタジオでは、「腰の低くてイイコ」と褒められていました。あと、八光さんから「基本大阪ではヨコと基本一緒にいる」と言われていました。



          あー。
          よし、レポ祭りが一応終わった(笑)
          あ、でも明日は『ムーブ!』がありますね。これも勢いでレポできればいいなぁ。


          画像
          | nakaharabjsab | TV番組 | 23:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
          『おじょママ!P』レポ(2008年3月23日放送分)
          0
            さてさてー。
            仮眠して、元気になりましたよー(笑)
            今から頑張ってレポってみますが、どのくらいかかるかしら…久々の30分番組、がんばりまーす。


            『おじょママ!P』レポ(2008年3月23日放送分)
            ※出演者:ハイヒールモモコ、小川菜摘、清水よし子
             ゲスト出演:横山裕、渋谷すばる、丸山隆平@関ジャニ∞
             OPトークは省略

            モモコ:でも今日は、なんかちょっとイイことがあるということで。
            清水:あ、そうなの?とっとと行きたいね。
            モモコ:うん、なんかわくわくしてるんですけど。まずはメールから。『モモコさんこんにちは。いつも楽しみに見ています。最近テレビを見ていると、イケメンといわれる可愛ィーイ!男の子たちがたくさん出てきてますよネ!』
            小川:そうですよね!
            モモコ:『女性はイケメンを見ているだけで、テンションあがっちゃういますよね!おじょママにも是非イケメンを呼んで欲しいでーす!』ということで
            会場:うわぁー
            (この反応に、モモコさんニヤリ顔/笑)
            小川:ウチはホントにイケメンこないからねぇ。
            会場:拍手
            モモコ:ラッキー
            小川:今日はラッキーねぇ
            モモコ:ラッキー!
            清水:ラッキー!
            モモコ:今日はめっちゃラッキー
            小川:だって今日はスタジオにいるなんか立ってる人の人数も多いんだもん
            モモコ:多いねぇ、ホント多いねぇ
            小川:どういうこと?
            モモコ:今日はもう、アタシがもう一番お気に入りの男の子たちでございますから、『おじょママ』は初登場でございます、関ジャニ∞!

            (『ズッコケ男道』をBGMに登場。ヨコは白シャツの上に赤のセーター(袖が7分丈くらい)を重ね、蝶ネクタイ。黒縁メガネ。黒パンツ。すばるさんは、黒ハット、インナーに黒と黄色のタンクトップの重ね着、その上に白ベースに柄の入ったシャツ。(←どう説明したらええかわからへんわ)うぐいす色のパンツ。マルちゃんが白Tシャツ(柄入り)にピンクパーカー+黒ベスト(ひょっとしたらそれがドッキングしたものかも)+うす茶パンツ。
            席ならびが
            清水 モモコ 小川 横山 渋谷 丸山)

            清水:いやぁ、ホントに出てきた!
            横山:いや、どうも!
            渋谷:宜しくお願いします。
            モモコ:代表してね、3人に来てもらいました。ホンマは1人でも十分やねんけどね。3人ぐらいが手ごろかな、ということで。
            横山:はい
            小川:おもろそー(ぼそっという)
            ALL:(笑)
            横山:いやいやいや
            モモコ:喋り達者の3人でございます。
            すばる:ありがとうございます。
            横山:ちょーどヒマな3人が
            モモコ:(笑)
            横山:来ましたけども
            すばる:ありがとうございます。
            モモコ:そんなこといいなや(笑)…こないだすばるが、村上くんと二人でね
            すばる:はい、そうなんですよ
            モモコ:『未定』っていう、なんっちゅーの?お芝居でもなしに
            すばる:そうですね
            モモコ:ホンマに未定やねんな?
            すばる:はい
            モモコ:あれ、アイドルとして、あのモジモジくんの服を着るというのはね
            小川:うん!すごい!
            モモコ:アタシらにとったら拷問やん、あれ着ろって言われたら。
            小川:あたりまえじゃ!
            清水:全身タイツなの?
            モモコ:そうやん。チャックがあがれへんがな、あれな。アタシらやったら
            丸山:(笑)
            小川:そこかよ!
            すばる:(笑)
            モモコ:それ着て
            すばる:そうなんですよ。
            小川:設定もだから未定だから、もうスゴイほんとアドリブだもんね、言ったらね。
            すばる:そうですね。
            横山:すごかった…僕も見に行ったんすけど
            すばる:来てくれました
            横山:もう全編下ネタでしたよ!
            ALL:(笑)
            すばる:いや、全編ではない、全編じゃないです!
            モモコ:アタシも行ったよ!
            横山:いや、すごい、俺何してんの!?って言いましたからね。
            モモコ:全部ちゃうよなぁ?
            横山:いや!ほぼ…
            すばる:ほ、ほぼ下ネタ…
            ALL:(笑)(マルちゃんも一緒に手を叩いて笑っています)
            小川:マジで?
            清水:え?アイドルなのにー?
            横山:なんや、あの、こんなキリッキリのタイツきて(←すばるさんの途中の映像)
            小川:そんなの着てんの?
            すばる:いや、でもそれは映像なんでモザイクはちゃんと入ってましたけど
            横山:(笑)
            小川:モザイクが入るってことは、なんか出ちゃったの?
            すばる:あの、ま、出てはいましたけど
            ALL:(笑)
            (画面には『ジャニーズなのに出ちゃった…』の文字)
            小川:出たのかよ!
            すばる:いや、だからモザイク入れたんで…
            モモコ:いやぁ、
            小川:こんなジャニーズ、いないよ!
            モモコ:いや、ホンマ。
            ALL:(笑)
            横山:いや、でもおもしろかったですよ、僕も
            モモコ:おもしろかったですよ。アタシね、いっつも藤本景子とか女子アナの子たちと行ったりするやんか、コンサートでも。今回のは、あの、おもしろいと思ったから、息子と行ってんよ。
            すばる:そうなんですよ。
            モモコ:長男と。で、そん時にちょっと客イジリやないけど、あのぉVTR…こう後ろにあの、ビデオがあってビデオの中にすばるがおって、村上くんがあの舞台上におって、「はいはい、そっちどうなって、楽屋どうなってますか?」とか言うて喋んのがあんねんけど、客席にいってください、ってなんねんやん?ほんならホンマにぼーん、って客席にそのままきてお客さんにどっから着たんやって聞くシーンがあんねん。
            小川:へぇー
            モモコ:で、お客さん誰のファンですか?って「ヨコ」言うたら顔面殴ったりな
            ALL:(笑)
            すばる:ちっ、顔面は殴らないでしょ!
            モモコ:それはなかった、それはなかった(笑)誰のファンですか?って「誰だれ」って言うたら「なんやそっちか」とか「いやぁ、すばるです」って言うたら「ありがとう」みたいなこと、客イジリがある中で、たまたまジンが(※画面にはモモコさんの長男、仁一郎くんの写真)あてられて
            横山:ほぇー。そうなんや
            モモコ:そうやねん。で、どっから、あ、名前は?って言われたら「小林仁一郎です」っていうて。で「誰のファンですか?」ってアタシも誰いうかなぁ?と思ったら、あの「陣内さん」っていうて
            ALL:(笑)(すばるさん苦笑い、マルちゃん手を叩いて笑う)
            すばる:出るかい!っていうて
            横山:関西やなぁー!
            小川:さすがだね!
            モモコ:ジャニーズちゃうし!
            すばる:ジャニーズや!言うて。
            (たぶんここで、場面が変わっています)
            モモコ:関ジャニは、なんかキャラクターがみんなほら、全然ちゃうから面白いねんもんなぁ
            小川:はい。っつかね、ジャニーズの中でも、ホントにちょっと違うじゃない、カラーが、彼らだけ
            モモコ:いや、全然ちゃう!喋りはずばぬけてるよ!
            横山:いや、そんなことないです!
            すばる:ぜんぜん!
            横山:だから、やっぱ勝てないですからね、KAT-TUNとかいっぱいいますから。
            ALL:(笑)
            小川:KAT-TUNには勝たんでええやん、別に
            横山:やっぱまぁ、ジャニーズのま、王道じゃないですか、言うても。KAT-TUNとか、まぁNEWSとか嵐とかね
            清水:でも、関ジャニもすごい顔キレイですよ。だけどその喋りが…
            小川:(清水の声を遮って)誰もキタナイとは言ってない!
            ALL:(笑)
            小川:ひとこともいってない!
            すばる:(笑)
            小川:関ジャニもカッコいいわ!そりゃ!
            モモコ:村上くんも、ヨコもすばるも、15(歳)ぐらいで初めて、ね、あの関西ジャニーズの時に仕事してるから
            横山:そうなんですよ
            モモコ:おかんと同い年や、とか言われてさぁ。
            小川:マジで?!
            横山:そうです、もうモモコさんずっと…
            小川:オカン、みんないくつ?!
            モモコ:あのなぁ、リンゴの方が同い年やねん、すばるのお母さん、若いねんな
            すばる:それくらいですかねぇ
            小川:いやっ!ホント?
            横山:ウチのオカン、今なんぼやろ?48とかです
            小川:いやぁー!マジ?!
            横山:はい
            小川:(マルちゃんを指して)お母さん、いくつ?
            丸山:43です←若干いいにくそうにしていました(笑)
            小川:うわぁー!!
            清水:えぇー!!
            (会場全体で「えー!!」ってなってます)
            小川:ちくしょー!
            ALL:(笑)
            モモコ:なぁ(笑)
            小川:ホントに?!
            すばる:ちくしょー、言われても(笑)
            モモコ:若いやろ?
            小川:すごいなぁ
            清水:お母様うれしいでしょうね。
            小川:(清水を指して)じゃ、もうおばあちゃんじゃん!
            ALL:(笑)
            すばる:いやいやいやいや
            清水:いやぁ、でも嬉しいでしょうね
            横山:どうなんですかね?
            小川:へぇ。こんな息子いいなぁー
            モモコ:小3ぐらいから(ジャニーズに)入れるってウワサを聞いたから、一応息子にも
            小川:入れえや!
            モモコ:言うたんやけどぉ!あの「大変やで、そんなん。関ジャニさんみたいになられへんわ」言うて
            横山:いやぁ、簡単にいけるでしょ!
            すばる:大丈夫ですよ、僕ら。誰でも、できますよ(←この言い方がホントにセールスする人の口調みたいでした/笑。マルちゃんもとなりで頷いています)
            ALL:(笑)
            モモコ:誰でもできへん!
            清水:…レッスンとか…
            横山:ジャニーズはめっちゃ入るん簡単やと思いますよ。東京ジュニアのオーディションと関西ジュニアのオーディションってぜんじぇん(カんだ/笑)ちゃうんですよ、やっぱり
            小川:うん
            横山:東京ジュニアのオーディションとかやったら、あのじゃぁ社長が「じゃぁ、特技ある?」
            モモコ:「YOU!踊って!」
            小川:「YOU!なんかちょっと特技ある?」
            横山:「特技ある?」…「じゃぁ、歌います!」…まぁ、それはセオリーですよね。そういうのが。大阪は全然ないです。大阪はあのぉ、ちょっとここでオーディションやるからちょっと来てよ、って言われて、「見てよ、どのコがイイかちょっと見てみて」っていわれて、ほいじゃジャニーさんがまた、「なんか特技がる?」って、関西ですよ。じゃぁ、そのコが「はい!自分屁がこけます!」って
            ALL:(笑)
            すばる:ビックリしたな、あれ
            横山:自分、屁がこけます!言うて…
            モモコ:(笑)ヨコは、なんで?どうやって入ったん?
            横山:僕は、親です、もう。オカンが送って…まぁ同級生がジャニーズやったんすよ。
            モモコ:うんうん
            横山:それを見て、オカンが送ったんですけど。
            モモコ:うん。すばるは?
            渋谷:僕もオカンです
            モモコ:やっぱオカンか
            すばる:はい。
            小川:アタシもこんな息子もってたら、出すわ!やっぱり
            清水:私も出すと、絶対!
            モモコ:なんで?どうやって入ったん?
            横山:僕は、受かったな、と思ったんですよ。なんかみんなオーディションやってる中で、僕だけやっぱ呼ばれました。ちょっと来なよ、って言われて、2、3人呼ばれて、なんかイイ席でちょっとkinki kidsさんのコンサート見さされたりして、「これちょっと見ときな」って言われて
            モモコ:あっ、受かったって
            横山:「あぁ、これはもう受かったな」って
            ALL:(笑)
            横山:正直思いましたね。それで、次の日かなんかに東京呼ばれて、ほいでもう雑誌の取材でした
            モモコ:えーっ!(会場も同じように驚き)
            小川:はやい!
            モモコ:はやっ…すばるは?
            渋谷:僕も一緒で、一緒っていうか、あのぉ呼ばれて、2、3人、一緒やったんですよ(と、マルちゃんの方を向く)
            丸山:一緒やったんです
            渋谷:マル。で、その日に雑誌のなんか撮影みたいなん、したやんな?
            丸山:そうそうそう。アイドル誌の。
            モモコ:え?オーディション終わっていきなり?
            渋谷:その日にとりましたよ。
            横山:(マルちゃんを指して)こいつはもう、むっちゃオモロイですよ、でも。異色なパターンで。なぁ。
            丸山:そうそう。あのぉ、(すばるさんと)一緒に撮ったんですよ、雑誌ね。ほんならその深夜番組に、そっから出るんですけどパネラーで、僕だけ呼ばれなくて。
            清水:えー?
            丸山:んで…
            横山:撮影もしてるのに
            丸山:してんのに。で、その次の月にその『関西からでたピカピカのニューフェイス』言うて(雑誌に)出て、「あ、受かってんねや」と思ったら半年ぐらい呼ばれなくて、ま知らん間にまた、オカンが(履歴書を)送ってたみたいで、ほんならまたそれ(返事)がきて、オーディション受けに来てくださいって言われて行ったら、社長に『YOU受かってんのに何でこんなとこいるんだよ」って言われて
            ALL:(笑)
            小川:そうだよね
            丸山:そうです。
            横山:ジャニーズ事務所ではじめての、2回オーディション受けてるんですよ
            ALL:(笑)
            小川:バカだねぇ!

            (場面変わって)

            モモコ:さぁ、今日はですね、関ジャニのメンバーがたっぷり来てくれたんで。もういっぱい質問したいと思います。「関ジャニ∞に質問8!」
            (拍手)
            モモコ:さ、ありがちなタイトルですが。はい8つの質問を、パネルにしました
            (パネルは、怒り、恋愛、裏ネタ、家族、お付き合い、趣味、告白、グルメの8つ)
            モモコ:まずはちょっと、怒りから。
            小川:怒り。「メンバーにぼやきたいことは?」
            横山:あのね、これ最近、見ていただいたら分かる通り(この時点で半分笑ってるヨコ)あの、ちょっとウチのこのマルちゃんがですね
            (マルちゃんは思いっきり顔をそらしています/笑)
            小川:マルちゃん?
            丸山:はい(と、振り向き顔は恐る恐るなカンジ/笑)
            横山:若干太りはじめてるという…
            小川:そうなの?
            清水:えー?
            ALL:(笑)
            モモコ:ふとってるー!
            横山:これ、僕も太ってたんですけど、一時期
            モモコ:太ってるー!(マルちゃんのこと/笑。マルちゃんはそういわれて、右頬を苦笑しながら撫でてます)
            横山:僕は、痩せれたんですよ(画面に『横山ダイエットに成功!』の文字)
            モモコ:痩せれた!めっちゃ痩せたよね?
            横山:痩せたんですけど
            モモコ:あのダイエット、何のダイエットやったん?
            小川:何したん?
            横山:あのぉ、これもあの、ぶっちゃけま、ドラマが決まってその役があまりにもカッコ…しゅっとしてる役やったんで
            小川:はいはいはい、そだね。
            モモコ:それ、関西人だけやで、「しゅっとした」って
            ALL:(笑)
            小川:こないだもそれ、話題になってん。
            モモコ:しゅっとした、の意味がわからん、って
            小川:しゅっとした、のしゅっととはどういう意味?って
            丸山:(笑)
            渋谷:しゅっとしてますやん、ねぇ
            小川:どういう意味?
            渋谷:しゅっとしてるんですよ(笑)←そうとしかいいようがあらへんわなぁ(笑)
            (この前くらいから、自分達のソファに置いてあった低反発のクッション(人型、黄緑)をすばるさんがいじってたんですが、それに気付いたマルちゃんが、「どっから持ってきたん?」みたいな話をすばるさんにふってる様子が見られます。すばるさんは「ここにおいてあってん」的な返しをしてるみたいでした。すばるさん、その人型クッションをずっと膝の上にのせて、左手でいじってんの/笑。で、今発見。ヨコのピンマイクの受信部分?(いつもお尻のところにある四角いやつ)あれが外れて、ソファの上にあったり。)
            横山:そう、しゅっとした役がきたから、もうこれは痩せなあかんわ、と思って。それで、食わないようにしたんですよ。
            清水:へぇー
            モモコ:ビックリするくらい肥えてたけど、ビックリするくらい痩せた!
            横山:はい。マルちゃん最近太りはじめてて…
            小川:マルちゃん、どうしたの?
            モモコ:なんで太ってきたん?マル?
            横山:それでちょっと、メンバーで会議をしたんですよね
            小川:会議したんだ?
            丸山:会議したな
            横山:ちょっとお前、最近不摂生しすぎちゃうか、と。もう痩せろやっていうのが、3ヶ月くらいずっと言い続けてたんですよ
            (マルちゃんは少しうつむき加減で、でも、その時のことを思い出したのか少し笑ってます)
            丸山:言われてましたね
            横山:んで、「痩せる、痩せる!やせるわ」ってずーっと言ってたけど、一向に上に向いていくわけです、体重が。ほいじゃぁもうあかん、これなんか決めよう!ということになって、わかった、じゃぁ、僕ら4月3日からちょっと横浜の、方で、アリーナでですね、コンサートがあるんですけども
            丸山:言うんか、言うんか!(←焦ってる/笑)
            横山:それの1回目…
            モモコ:まもなくやね、もう
            横山:1回目、までにあと、65.5(??)より上いってたら、坊主にするという公約を…
            清水:いやーん!
            ALL:えーっ!
            モモコ:今なんキロ?
            丸山:今ねぇ、実際68(??)なんですよね。
            会場:えーっ
            清水:あぁ、じゃあ2キロ…
            モモコ:もうあとちょっとしかないやん。
            丸山:2、2.5(??)ですね、言うたら。
            横山:そう、でも坊主本人するって、ま、これテレビで言うたから絶対せなあかんからな、これ
            丸山:ヤバいな
            ALL:(笑)
            モモコ:でも坊主かわいかも
            小川:でも全然坊主もいけるかも!
            モモコ:うん。一応ね、どんな顔なのか心配やと思うから
            小川:そうなのよ
            モモコ:一応こんなん用意しました
            小川:もし坊主になったら、みたいな
            丸山:えっ!!
            ALL:(笑)
            小川:かわいー!
            渋谷:ええやん、これ!
            (少し遅れてモニター画面が視聴者にも(笑)ですわー(笑)ちょっと笑ってて、しかも何故か坊主が本当の坊主で和尚さんくらいの勢いで1分刈りみたいなカンジの坊主なんですけど。似合ってるっちゃあ似合ってますよ/笑)
            丸山:アカンってこれ!
            小川:いいよ、かわいいよ
            丸山:アカンって
            渋谷:これ、エエやん!
            小川:この坊主でもさ、坊主すぎねぇ?
            モモコ:(笑)
            横山:いや、行くんやったらこれぐらいいきますよ
            モモコ:あくまで坊主
            横山:うん。いきますよ、そりゃ
            小川:かわいいよ
            渋谷:悟ってるな、これ。
            ALL:(笑)
            横山:あと、これもあの僕、すばる。もう、ここにいるメンバーなんですけど。
            渋谷:なんすか?
            横山:この前あのぉ、僕とすばると、あともう一人錦戸亮ってのがおるんすけど、あの錦戸と3人でちょっと海外旅行に
            (この時点で、すばるさん含み笑い中)
            モモコ:プライベートで?
            横山:プライベートで
            丸山:行ったんですよ←何故マルちゃんが言う(笑)
            小川:仲良しだねぇ
            モモコ:他に友達おらんのか!
            小川:ホントだよ!メンバーでって
            ALL:(笑)
            渋谷:あのぉ、おらんねん
            ALL:(笑)
            小川:おらんのかよ
            横山:そんな僕、すばるとちょっと行ったんですよ。
            清水:どこ行かれたんですか?
            横山:香港にいったんですけど
            清水:香港。
            横山:そん時に(ここでずれたメガネをなおすんですけど、その仕草がちょっとかっこいいの←マニアック)あのぉ、僕はちょっとやっぱ、メンバー同士で海外旅行やし、なんか嬉しくなって電子手帳とか勝って、言葉を、英語とかめっちゃ覚えて行ったんですよ。
            小川:なるほどね
            モモコ:うんうん
            横山:「あぁ、これ、レストラン行ったらこれ使ったらええんや」と思って、わくわくして、本とかいっぱい買って、「よっしゃこれ来たら、この英語つかって」と思って。ほいじゃあ、きたから「エクスキューズミー!」(←カタカナ発音/笑)ってばーって英語喋ってたんですよ。通じて、よっしゃー!と思ったんですよ。ほいじゃ、すばるがぱーっときて「すいませーん!コレ、ちょうだい!」って
            ALL:(笑)
            横山:俺、散々覚えて行ったのに
            すばる:(笑)
            横山:ちょ、またその人来よるんですよ。
            ALL:(笑)
            横山:通じんの?って。ほんでもう若干イライラしだして
            モモコ:うんうん。折角覚えたのに
            横山:もうずーっと覚えてきたのに。「もうすばる、頼むわ。もう恥ずかしいで。日本人がみんなそう思われるから。おっきい声だしてそんなんしたら。もう頼むから英語は使っていこう」って。ほいじゃぁ、ばーっとすばるが「エクスキューズミー」つって、「コレ、めっちゃうまいな!」って言うたんですよ
            ALL:(笑)
            清水:しかも関西弁(笑)
            小川:「エクスキューズミー」って呼んどいて、メシの感想を言ったの?
            ALL:(笑)
            小川:なにそれ?
            横山:びっーっくりするでしょ?なんで?って。それで、ぱーっとしたときに、「なぁ、ヨコ。関西弁は全部通じるなぁ」って
            ALL:(笑)
            小川:通じてない!
            横山:(笑)
            渋谷:いや、これ、通じるんですよ。関西弁は世界共通やな、って
            モモコ:いや、確かに通じる。
            横山:なんか途中、後半になってきたら面倒くさいんでしょうね。「すいません。パーッパラパラ%&#$!」
            ALL:(笑)
            すばる:あのね、これ
            横山:酷いでしょ!
            モモコ:通じた?!
            小川:なめてるな。香港のヤツを
            渋谷:いや、香港、大爆笑でしたよ、これ
            ALL:(笑)
            渋谷:テッパンでしたね!(←ヨコが隣で頷いています)
            小川:あぁ、よかった、よかった
            横山:これはでも、ホンマに大爆笑やったんですよ
            渋谷:すべらなかったですもん
            横山:腹抱えて笑ってました。(と、その時の様子を再現する、ヨコ)いうてな。
            渋谷:ホンマに。
            モモコ:すばるも誰かのこと、ぼやきたい。
            渋谷:あの、まぁ、ま、さっきも言うてたんですけど、一緒に舞台やってた村上なんですけど。あの楽屋がね、別々やったんですよ。
            モモコ:別々やったなぁ
            渋谷:で、あのぉ、まぁ、稽古期間とか合わせたら、えぇ去年の年末ぐらいから、もう毎日ずっと
            モモコ:そりゃそうや
            渋谷:毎日、一緒やったんですよ。で、やっぱこう、一人の時間っているでしょ?
            小川:いるね
            モモコ:うんうん、いるいる。
            渋谷:僕はそう、思うタイプなんですけど。
            横山:言うても、もう10年ぐらい、一緒に仕事してますから。11年か、もう
            渋谷:(ヨコの言葉に頷いて)彼はあんまそういうの気にならない方なようで、あのぉ…
            清水:モモコちゃんもそうでしょ?
            小川:モモコも全然…
            モモコ:アタシも全然
            渋谷:あぁ、そうですか。
            モモコ:全然平気
            小川:うっとおしいでー、これと一緒に旅行行くと
            モモコ:だってコッチの部屋にいくもん、アタシ
            渋谷:そう、それなんですよ!
            ALL:(笑)
            小川:一人になりたいじゃん
            渋谷:そうなんですよ。あのね、2回公演とかやってたんですよ。
            モモコ:なんでそんな高い声だすのよ!
            渋谷:(笑)で、1回目と2回目の間、まぁお昼ごはん食べたり、その出前とったり、で。で、僕ひとりでゆっくり食いたいんですけど、絶対僕の部屋に、来よるんですよ!
            横山:お風呂とか、マルとかヤスとか、一人で入ってたら、絶対そこにわざわざ入っていきますからね。
            丸山:入ってきますね
            横山:ひとり、空いてるのにも関わらず、誰かいるとこ入るんですよ。
            モモコ:お風呂入りに?
            横山:はい。で、シャワーで、立ち、でですよ?
            丸山:そうそうそう。立ってるシャワーに、二人でしゃあないからヤスと入ってるところに(この状況もおかしい/笑)真ん中にずかずかって入ってきてしゃーってして(と頭を洗う仕草)
            ALL:(笑)
            丸山:なんか、わざと肌を合わせてくるようなカンジで、こう…
            横山:そうだから、こうやってシャワーこうやって浴びてるじゃないですか。(左手を翳して、右手はシャワーの方向を指示。普通のシャワーの浴び方です)こう入ってきて(後ろから入ってきて)こっちに回り込むんですよ(と、前に回りこむということを説明)
            丸山:そうそうそう
            ALL:(笑)
            横山:ずっと僕も東京いってたとき…
            モモコ:ずっと一緒やからなぁ
            横山:部屋一緒やった時に、いっつもアイツのハミガキのハブラシで起こされるんですよ。
            小川:なんで?
            横山:アイツ、なんでか奥まで入れる習性があるんですよ。
            ALL:(笑)
            丸山:習性がな(笑)
            横山:(笑)もう必ず、しかもむっちゃ早起きなんですよ。早寝・早起きなんですよ、アイツ。
            渋谷:(笑)
            横山:で、1週間やったら我慢します、僕も。毎朝ですよ。
            渋谷:絶対イヤやなぁ
            横山:「はぁー!ハァー!!」←どうやって音を表したらいいか、わかりません(汗)
            ALL:(笑)
            小川:なんでえづくの分かってて、(奥まで)いれるんやろうな?
            横山:わかんないっす。でも俺も、言うたんですよ。「なんであれやねん?」「そこまでやらな磨いた気がせん」、しない、と。
            清水:あー
            小川:いや、ウチの旦那と一緒や。あれ、朝、顔洗うじゃん?お風呂はいるじゃん?そしたら鼻の中にさ、こ、ティッシュのこよりをがーいれんの
            横山:(笑)
            小川:んで、ずるー、出してね
            横山:やってることチンパンジーじゃないですか!
            小川:そう
            ALL:(笑)
            小川:チンパンジーだよ
            モモコ:ゴリラ!
            (この辺りから、ヨコが赤い低反発のクッションを弄び出します/笑。ヨコはどっちかっていうと両手で抱えているカンジかなぁ)
            モモコ:実はですね、まぁ散々言うてましたけど、3人にもモノを言いたい方がいらっしゃいます。この方でございまーす。
            横山:え?誰?!

            (と、ここでCMはさみます。CM明けはヒナちゃんからのVTRメッセージです)

            【ヒナちゃんVTR】:えぇ、どうもこんばんわ。モモコさん、菜摘さん、よし子さん、お元気でしょうか?関ジャニ∞の村上信五です。モノ申す、というところで言えば、あのぉ、まぁ横山。忘れモンがすごい多い!誕生日プレゼントで、まぁ僕も中身は見てないですけどね。すごく欲しかったモンなんですって。で、それ持って来ました、って。「うわ、めっちゃ嬉しいわ。めっちゃ嬉しいわ!ありがとうな!ホンマ嬉しいわ!」言うて、「お疲れっしたー」てそれ置いて帰ってもうた、っていうのがありまして。もうビックリしましてですね。すばるに関しては、僕これホンマに物申すというのと、あとちょっと若干心配、っていうのがあるんですけど。あのぉ、こないだモモコさんも来てくださいました、すばるで、二人で、あのぉ舞台やってまして、『未定』という。まぁ、東京公演と大阪公演と二つあったんですが、まぁ、2回公演ありましたら昼と夜の間に、いつも僕らご飯食べてたんですけども。すばるがぜっったい鍋焼きうどん食べるんですよ。これがまぁ、東京の時はまぁ、「東京のヤツうまいわ、うまいわ」って言うて食べてたんで、「あ、まぁ、おいしいから気に入ってんねやろうな」って思ってたんですけど、大阪きてもまた、鍋焼きうどん食ってたんですよ。もう、変えぇやええかげん、と。あの、丸山…物申すというか、ホンマに、こいつめっちゃ怒ってるんですけども。まぁよく遅刻も、遅刻もやっぱありますね。ま、これも理由いいだすときりがないんで、もう遅刻すんなとしかいいようがないんですけど。ええ加減自己管理してほしいな、とは思いますけれども。まぁホントはね、あのスタジオ行って、たっぷり喋りたかったんですが、ま今回ちょっと、どうしてもいけなかったので、またスタジオに遊びに行くの、楽しみにしております。以上関ジャニ∞、村上信五でした。

            (VTRあけ)
            モモコ:鍋焼きうどんが、また今日もか、と思って気になって見に行ってたんちゃうの?村上くん
            渋谷:いや、これ、言いますけど、アイツも毎日鍋焼きうどん、食ってましたからね!
            ALL:(笑)
            横山:でも、ちょっと僕、聞いてておもしろかったんが、あの遅刻して怒られたってのは(とマルちゃんを指差す)ちょっとおもしろかった…
            小川:なんつって怒られたん?
            丸山:ちょ、最近ちょっとね、あの不摂生で、あの、遅刻して遅れることがあったんですけど、まぁあの…
            横山:なんて怒られたん?
            丸山:仕事中は言わないんですよ、あの人、絶対。で、あの「まぁ、あとで20分くらい留守電あけといて」って言われるんですけど
            横山:20分?!
            丸山:20分留守電あけといて、って。
            小川:どういうこと?
            渋谷:留守電あけとくって…
            丸山:で、それ言われたら「あ、怒られるな、叱られるな」って、覚悟しとかなダメなんですよ
            横山:なんなん?お前ら、お前らだけ師弟関係なん?
            ALL:(笑)
            丸山:いやいや、そんなんじゃないねんけど、まぁほらあかんなと思うときあるじゃないですか。俺もあかんことしたな、って思ったときは黙ってその話きこう思て
            小川・モモコ:20分も?!
            丸山:20分ね
            モモコ:留守電に入ってんの?
            丸山:いや、それは、今回は留守電パターンじゃなかったんですけど、結局時間がおうてしまったから
            横山:合うてしまった
            ALL:(笑)
            横山:おうてしま…あぁ、くる、くるわこれ、って
            丸山:それ言われる前に言おうと思て、ちょ、最近の自分の近況みたいなことをばーって言ってたら
            横山:いちいち報告せなアカンの?オマエら(笑)
            ALL:(笑)
            丸山:いや、それはもう自然な、俺もちょっと抱えてるものがあったから
            横山:(笑)
            ALL:(笑)
            (この当たりのすばるさんの笑い顔ったら!(笑)マル言うてるで、みたいな顔でした/笑)
            モモコ:まぁまぁまぁ、約束しても、ずっと遅刻してたからやっぱ謝らなあかんなとマルも思たんや
            丸山:そうそうそう、その日、メンバーにも謝ってたんやけども、まぁ別としてそういう話をするときがあって、「まぁ俺も最近、こうでこうでこうで」って言ってたら、「でもま、遅刻な。オマエ多いけど、人として最近どうやと思うで」って言われて。「あ、すいませんでした!」横山:(笑)
            ALL:(笑)
            横山:怖いでしょ、怖いでしょ
            モモコ:うん
            横山:20分留守電に入れられたことあるん?
            丸山:いや、それはないけど、ヤスはあったみたいよ。なんか2回くらい留守電に分けて入ってたみたい。前編、後編にわけて
            ALL:(笑)
            村上:あの人、平気でするから
            小川:前・後編ってすごいよ!
            渋谷:絶対いやや!絶対いやや!
            (場面変わって)
            モモコ:やっぱコンビとかでもさ、やっぱりあの、あのコンビ仲悪いねんて、って言われたりするやんか。なんか、ずーっとおりすぎるから、なるべく離れようとかなったりするわけで、あの、結構離れたりとかしてるコンビがおる中、関ジャニ∞は仲いいと思うわ
            小川:仲良しなんでしょ?
            清水:仲いいー
            横山:いや、仲ええって実感はないっすけど、でもやっぱいろんな人から「仲いいね」とは言われますね。
            丸山:言われるな
            モモコ:もう他のコンビとかグループの中でダントツ仲いいと思う。
            清水:だってね、海外旅行一緒に行かれたりね。
            横山:ま、そう、僕らとしては普通なんすけどね
            丸山:そうですよね
            渋谷:うん
            小川:なんか、長いこと一緒にいたりとかすると、なんかもう「この耳見てるだけでいらーっするわ」とかないの?よくダウンタウンが言うてるわ、それ
            ALL:(笑)
            横山:あのね…
            小川:「こいつのこの耳いらーっとする」って
            モモコ:ねぇねぇ、ダウンタウンがって言うたけど、どっちが言うてるかわかるやないか
            ALL:(笑)
            小川:ま、まぁ、浜田なんだけどね
            ALL:(笑)

            (CMはさむ)

            モモコ:関ジャニのお付き合い
            小川:はい。「芸能界で仲の良い人は?」
            横山:僕最近、ものすごい仲いいのは、月亭八光さんという
            小川:え?
            ALL:(笑)←失笑?(笑)
            モモコ:あいつ、ものっすごい、ものっすごいつるんでるらしいよ。
            横山:むっちゃ…もう、昨日も一緒にいましたもん、僕。はい、もうほぼ、1週間に半分ぐらいあってるんじゃないですか?
            (と、ここで写真が1枚。焼き肉店みたいなところで、八光さんとヨコがピースサインで映ってます)
            横山:これ、二人で韓国行ってきたんですよ
            ALL:えー
            モモコ:いつ?昨日?
            横山:昨日じゃないですけど
            モモコ:あぁ、前に
            横山:これは、2週、2、3週間前ぐらいかな?
            小川:ホント?
            横山:韓国いこか、って二人でいって。まるっきり二人でホテルも何にもとらずに、もう野宿ですよ、二人で。
            小川:え?
            丸山:えーっ
            横山:サウナだけ、お風呂だけ入って、もう朝方とかもうプラプラ二人で、もう喋りながら歩いて
            モモコ:まぁ、八光はね、ホンマに気ぃ遣えへんねん。
            小川:なんで?
            横山:うん
            モモコ:いや、みんな気ぃ遣えへんよね
            横山:全然気遣わないです、ホンマに。
            清水・小川:ふーん
            モモコ:あの子、誘いを断れへんわけよ、全然
            横山:断んないっすね、あの人は
            モモコ:断れへんのよ。「ご飯食べる?」「あ、行きますよ」っていうて。でも前回アタシ、初めて断られてんけど、当日に「すいません、僕行かれへんなったけど、嫁と子供は行きます」っていうて(笑)
            ALL:(笑)
            小川:なんで?
            モモコ:んで、嫁と子供だけ来てたけどね。
            横山:僕も1回ありますよ。だから嫁さんと子供と僕で、3人でご飯食べたこと
            ALL:(笑)
            清水:えーっ
            小川:マジで?
            横山:あれ、ホンマですよ。階段やから…
            モモコ:八光は忙しいからな
            横山:んでまだ(奥さんの)おなかに(赤ちゃんが)いたころですよ、それは。だから、僕が子供、八光さんの子供抱いて、はじめ八光さんもいたんですよ。ほいじゃぁ「ちょっと今からルミネで行かなあかんから、行ってくるわ」言うて、「あとよろしくー」言われて、ばー行かれて、「えーっ!!」って思って
            ALL:(笑)
            横山:だから僕ちょっと子供抱いて、ご飯食べたりして
            ALL:(笑)
            小川:他、誰かいないの?
            丸山:やっぱね「デコセマジロウ」さんいるじゃないですか
            (と、ここで画面には桂南光さんの写真)
            モモコ:デコセマジソウ
            小川:デコセマジ…あっ、アイツか!
            清水:南光さん?
            モモコ:南光さん。
            丸山:なんかね、距離あるんですわ。めっちゃめちゃ気ぃ遣ってくれはるから
            モモコ:なんで?
            横山:今、『エブリデイ』で一緒にやってますから
            モモコ:だって前南光さんとご飯食べてるときに、マル、南光さんに急にご飯かけて、「今、なにしてんの?ほんな、ご飯食べるから、モモコもピーコさんもおんで」って急に登場してんで?ご飯食べてるときに
            横山:あ、一緒に行ったん?
            丸山:いっぺん。それ以来…
            モモコ:あれだけ?
            丸山:あれだけ。
            横山:ちゃう、なんかはじめの方はよかったんです。はじめ、メールとか番組始まるときはやってたんですけど、いっ、ちょっと空いてしまったんですって。メールのやりとりが
            丸山:ツアーとかなんかしてて、なかなか誘ってもらえなくなってきたりとか…
            横山:そう、一瞬距離を感じてまたいけなくなったんですよ
            丸山:行きづらくなったっすよ。
            モモコ:えっ、アタシあん時に、だって急に電話かけて「今ご飯行っていいですか?」って状態で、マルが急に参加したから、「あっ、仲いい状態やな」と思て。急にこう、いくて、イイやんか
            小川:うんうん
            モモコ:あの1回やったん?
            丸山:あの1回なんすよ。
            モモコ:なんや。アタシ物凄い仲よなって良かったな、思て帰ったのに
            丸山:そうなんですよ。まだちょっとね
            モモコ:メールしたらええねやん
            小川:ねぇ、もっと自分の方から…
            モモコ:アタシなんか、誘われたことないねんで。勝手に行ってんねんで、アタシいつも!
            ALL:(笑)
            丸山:そうなんですか?!
            モモコ:だって、全然誘われてない
            小川:だって、メシおごってもらいたいから
            丸山:そうっすね。むっちゃ食ってましたもんね。あの時。
            モモコ:むっちゃ食ってた
            ALL:(笑)
            小川:むっちゃ食うてる、いつも
            モモコ:アタシ、ピーコさんも、あの絶対誘ってくれへんねんで。アタシがもうピーコさんに、「あの絶対行けへんから、どこでご飯食べるか教えてくれ」って言うねん。
            ALL:(笑)
            丸山:あれ、そうやったんですか?(笑)
            横山:すっごいなぁ
            モモコ:んで、ピーコさんは「何なのアナタ?もう今日はここよ」って言うて、そこにアタシが嬉しそうに登場してんねや、いつも
            ALL:(笑)
            横山:生き方がゴキブリですよね
            (モモコさん、立ち上がって怒るフリ。でも笑ってます)
            ALL:(笑)
            小川:その通り!
            横山:どこでも生きていけますよね
            モモコ:そう。で、すばるは、ほんで、友達は?お付き合いは?
            渋谷:いないっす!←きっぱり(笑)
            モモコ:(笑)
            小川:芸能界の?
            渋谷:いないっす、いないっす。
            横山:ホンマにいないんですよ、コイツ
            渋谷:ホンマにいないですよ。
            小川:気があうヤツがいないの?
            渋谷:いや、なんか…ムリですわ芸能人って
            ALL:(笑)
            渋谷:いや、なんか気ぃ遣うでしょ、会う人とはあうんですけどね。
            モモコ:誰があうの?
            渋谷:いや、ただそれが芸能人じゃないっていうだけで
            ALL:(笑)

            (CMはさむ)

            ナレーション:ゲストの日、恒例のおみやげ。今回関ジャニ∞が持って来てくれたのがこちら。お土産にも大人気。千鳥屋の『みたらし小餅』(←12個650円だそうです)
            モモコ:中に入ってんのよね
            丸山:はい←マルちゃんセレクトなんですね、やっぱり(笑)
            モモコ:みたらしが
            清水:えー?
            小川:だから
            横山:おいしい、これ
            モモコ:だからかんでみ?かんで食べたらだらー(とみたらしがこぼれるという)なるから
            ALL:(笑)
            清水:えーっ?どういうこと?
            モモコ:(ひとつ食べて)うん、おいしっ
            清水:ひとくちで…
            横山:これはやっぱ、差し入れだしても喜ばれますね、やっぱ
            清水:手も汚れないし、いいね
            横山:あーっ、うまい、やっぱうまいわ!
            丸山:うーん(←めっちゃおいしそうに食べてます)
            横山:これはうまい!
            丸山:結構売り切れることもあるみたいでね、これ
            モモコ:甘いもの全員いけるの?
            丸山:好きです!
            横山:僕は正直あんまり好きじゃないですけど
            モモコ:どないやねん!
            ALL:(笑)
            (場面変わって)
            モモコ:はい、さて、今日は3人きておられましたけど、お知らせがございまして。
            横山:はい。えーっとですね、ちょっと宣伝になっちゃうんですけども
            モモコ:宣伝してください!
            横山:えぇ、3月12日に関ジャニ∞、8枚目のシングル『ワッハッハー』というのが、発売なりますので!
            丸山:ありがとうございまーす!
            横山:これぜひとも聞いていただきたいですし、ま、買ってください!
            丸山:ね!聞いてほしい
            モモコ:この『ワッハッハー』はあのぉ、「ワッハ上方なくさないで」って言う歌やんな
            横山:なんですか?なんですか?
            モモコ:あの「ワッハ上方なくさないで」っていう歌じゃないの?
            丸山:いやいやいや、上方…
            モモコ:あの「ワッハ上方、あの橋本府知事がなくす言うてるから、や、そんなんなくさんといて」っていう歌じゃないの?
            渋谷:モモコさん、全然わからないです!
            ALL:(笑)
            丸山:そこまで、こじつけしてないですよ。
            横山:この曲をまたひっさげて、ライブもやりますし。4月3日から横浜アリーナとかで。
            モモコ:坊主が見れる日ね?
            渋谷:はい、坊主がみれるかどうかは…
            丸山:あっ、忘れてた、今!
            モモコ:丁度ええんちゃう?ワッハッハーって笑えるしさぁ
            ALL:(笑)
            横山:ええやん。
            渋谷:それええやん
            丸山:(笑)
            横山:それええがな
            モモコ:ええやん
            丸山:いやや、痩せるよ、俺、頑張るよ!
            渋谷:食え、食え!
            丸山:食うか?
            小川:食うたらええがな
            丸山:がんばっていきます
            モモコ:(笑)はーい、『ワッハッハー』でますので、皆さん是非お買い求め下さい
            ∞:よろしくお願いします(3人とも揃ってお辞儀)
            モモコ:今日は関ジャニ∞を代表して3人に来てもらいました。どうもありがとうございました
            ∞:ありがとうございました


            うわーっ、やっと終わった!
            すんごい時間がかかった、無駄にかかった!
            なんでやねん!(爆)
            とりあえず知ってるエピソードなんかも多かったですが(苦笑)みんなマシンガントークだったので、レポは大変でした(爆)
            面倒なのであんまり色もつけてませんが(爆)
            さ、今からご飯たべまーす。
            気力があったら、『マルコポロリ』もレポしまーす。


            web拍手改造。
            とりあえずレンタルやめたので、一度に遅れる文字数が多くなりましたので。
            コメントやメールが苦手な方は是非。

            画像
            | nakaharabjsab | TV番組 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE